1. home
  2. イベント
  3. 香川県立ミュージアム 常設展「道具とくらしのうつりかわり」

イベント

香川県立ミュージアム 常設展「道具とくらしのうつりかわり」

カテゴリー:
生活文化

新しい常設展「道具とくらしのうつりかわり」が始まります。

1.会期 平成31年1月2日(水) ~平成31年2月24日(日)
     開館時間  9:00~17:00
     夜間開館日 9:00~19:30 1月4日(金)・11日(金) 18日(金)
     休館      1月21日(月)・28日(月)、 2月4日(月)・12日(火)・18日(月)
             第65回日本伝統工芸展(1/2~1/20)会期中は無休
 
2.会場 香川県立ミュージアム 2階常設展示室1

3. 展示内容
 わたしたちの生活で使われるさまざまな道具。時の経過とともに変化してきました。
1950年代中頃までは、ご飯炊きや洗濯などの仕事が主に人の手により行われ、たいへん時間がかかりました。しかし、羽釜やめしびつ、洗濯板、炭火アイロンなど、その当時使っていた道具を見ると、 形や仕組みなどに人々の知恵がこめられています。
 人々の生活を大きく変えたのは、電化製品でした。香川県の電気の使用は、1895年(明治28)、高松市で初めて電灯がついたときに始まります。しかし、多くの家庭で電気製品を使うようになるのは、1950年代後半からでした。電気洗濯機・白黒テレビ・電気冷蔵庫はその代表的な製品です。その後も開発・改良が進み、電化製品はわたしたちの快適な生活になくてはならないものとなっています。
 この展示では明治・大正・昭和時代にかけて使われた衣・食・住の道具を紹介します。小学校の社会科や総合的な学習の時間にご利用ください。
  また、一般の方も昔の生活に想いをはせてみてはいかがでしょう。

4.展示点数 43件43点 松平家常設コーナー5件10点

5.観覧料  一般410円(330円)
 ※高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
 ※( )内は20名以上の団体料金
 ※会期中開催の特別展観覧券でも観覧可

6. 関連行事

ミュージアムトーク (担当学芸員による展示解説)
日時:平成31年1月26日(土),、2月16日(土) 各13:30~
場所:常設展示室1  ※申し込み不要、観覧券が必要」

ティーチャーズプログラム(学校教員向けの学習案紹介)
場所:常設展示室1 地下1階実習室ほか
日時:平成31年1月5日(土) 14:10~16:30


~ミュージアムショップ&カフェポットミュゼ情報~
展覧会の後はショップとカフェにもぜひお立ち寄リください♪


開催日 2019年1月2日 (水) ~ 2019年2月24日 (日)
開催場所香川県立ミュージアム 2階常設展示室1
料金一般410円(330円)
※高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※会期中開催の特別展観覧券でも観覧可
主催者香川県立ミュージアム
TEL087-822-0247
Mailkmuseum@pref.kagawa.lg.jp

香川県立ミュージアム 2階常設展示室1

住所〒760-0030
香川県高松市玉藻町5番5号
かがわ文化芸術祭2018募集

8

2019

5

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

前月

翌月

メルマガ会員募集中